もし災害にあったらどうする?知っておきたい準備や知識のこと

 もし災害にあったらどうする?
 知っておきたい準備や知識のこと

大阪,屋根修理,無料,見積もり

 突然災害が起こったら対応できますか?
 災害に対する準備や豆知識などをご紹介します。


災害のために事前準備すること

 災害による被害を少しでも小さくするためには、自分がまず無事でいることが重要です。
 そのためには、災害に備えて自分の家の安全対策や災害が起きたときのために事前準備をしておきましょう。

<災害に備えた準備>

防災グッズ,屋根の無料修理,火災保険,大阪府

1:家具の置き方、転送防止の対策はできていますか

2:食料・飲料の備蓄をしていますか

3:非常用の持ち出しバックはありますか

4:家族同士の安否確認の方法を決めていますか

5:避難場所や避難経路の確認をしていますか


災害時に使える豆知識について

 災害時には、とっさに行動できないもの。
 慌てずに行動できるよう、事前準備や知っておくことが大切です。

< 電話が通じない >

緊急ダイヤル171,電話が通じない

災害用伝言ダイヤル(171)

災害が起きて、電話が集中して繋がりにくくなった時に利用したいのがNTTの災害用伝言ダイヤルです。
171に電話して、自宅の電話番号を入力することで録音・再生ができます。

<水が出ない>

防災グッズ,ペットボトル,屋根の無料修理,火災保険,大阪府

飲み水を準備する地震や水害などで水道管が破裂し、水の汚染などが発生します。
飲料としては一人当たり1日1~2リットル。
一週間分は備蓄したいところです。水のペットボトルを常備しておきましょう。

<冷蔵庫が使えない>

乾パン,防災グッズ,屋根の無料修理,火災保険,大阪府

非常用の缶詰やレトルト食品は基本のアイテムです。黒砂糖はビタミンとミネラルが豊富で、ツナ缶もおすすめです。ツナ缶に穴を開けて芯を刺して火をつければオイルランプに早変わり。終わったツナ缶もあとで非常食として食べることができます。

<トイレが使えない>

非常時のトイレ,屋根の無料修理,火災保険,大阪府

携帯トイレといって、便座を上げて、袋を便器にかぶせて、利用したら凝固剤を入れるだけの簡単なトイレで、口を縛って捨てるだけです。
消臭・抗菌効果があって、処理するのが便利です。携帯トイレがなかったら大きめのビニール袋を代用しても構いません。

<電気がつかない>

防災,屋根の無料修理,火災保険,大阪府

災害に起こると明かりがないという状況にもなりがちです。いつでもすぐ手の届くところに懐中電灯を置いて、非常用バックには手回し式の電池が不要なタイプをいれておきましょう。キーホルダー式のLEDライトをカバンにつけておくこともおすすめです。


避難所について

防災,避難所,屋根の無料修理,火災保険,大阪府

避難をしないといけないとなったときに困らないように避難所がどこにあって、どのように行けばいいのかということを念のために把握しておくことが大事です。
 万が一の事態になってからでは手遅れとなってしまいます。
また避難場所だけを確認しても、避難所に行くまでの経路を把握していないと不安です。
実際に避難場所までたどり着けないことになったら大変なので、途中に危険な場所があるのかなど事前に一度下調べしておくことをおすすめします。


まとめ

 災害はいつどのような形でくるのかということがわからないため、実際に経験してみないとわからないこともたくさんあります。
 しかし何もせずにはいられません。
 災害を実際に体験した方々の意見を参考にしながら自分のために必要な準備をしておきましょう。