災害って何だろう?原因や避難レベルなどについて

 災害って何だろう?
 原因や避難レベルなどについて

災害とは、何でしょうか。あらためて考えてみましょう。災害の原因や、ハザードマップ、避難レベルについて紹介します。

大災害が起こる原因とは


災害はどうして起こるのでしょうか。

災害には主に土砂災害・地震・水害があります。

<土砂災害>

土砂災害,屋根修理,大阪

土砂災害は、山の上や川底にある石などが一気に下流へ押し流されることで起こります。大量に雨が降ると、地面にしみこみ、地面を緩ませて、地面はバランスを崩し、そして重力によって下方へ流れるのです。

<地震>

地震,災害,屋根修理,大阪

地震が起こるのは、大陸のプレートの動きが関係しており、世界には15枚のプレートがありますが、日本には4枚ものプレートが関係しています。そのため世界で起こるM6以上の地震の20%は日本で起こっています。地震が起こりやすい位置に日本があるということです。

<水害>

水害,雨漏り,屋根,無料,保険

水害は、主に豪雨の頻発や、台風の強大化などが原因で起こりますが、温暖化が関係している可能性があると言われています。温暖化進むと、ただ単に気温が上がることではなく、気温が上がると大気が含む水蒸気が増えて、何かのタイミングで雨や雪として一気に落ちてくることも考えられます。

このように災害は、私達が止めようとしても止めることのできない原因によって起こります。対策としては、危険地帯に住まないということもその一つです。そのためにはどこが危険地帯なのか知る必要があります。

ハザードマップの有効性

ハザードマップ,被災,火災保険

ハザードマップとは、被害予測地図とも言われ、自然災害による被害を予測してその被害範囲を地図化したもので、あわせて避難経路や避難場所などの情報が地図上に示されています。今まで日本での豪雨時に浸水したエリアがハザードマップとほぼ重なっていることから、ハザードマップの有効性があると注目視されています。ぜひ避難行動に利用して役立てて下さい。自分の住む町のハザードマップは自治体が配布している他、インターネットで国土交通省のポータルサイトなどで探すことが可能です。

避難レベルについて

避難,震災,屋根修理,無料,大阪

避難するときには、どのような情報をもとにして、どのタイミングで避難しますか?災害発生時にとるべき行動の5つの警戒レベルです。

警戒レベル

1:心構えを高める
2:避難行動の確認
3:高齢者や避難に時間を要する人は避難
4:全員避難、安全な場所へ避難
5:災害発生情報、すでに災害が発生している状況で安全な避難が難しい

 あくまでも浸水や土砂災害などの恐れがある地域にいる人に訴えているもので、自宅が安全であればそこに留まることが避難です。
 それぞれの周辺環境によって行動は異なります。避難する行動ポイントはレベル3とレベル4ですね。情報を良く聞きながら行動してください。

まとめ

災害は日本全国で頻繫に起きているので、いつ自分の身に起きてもおかしくない状況です。 自然災害を食い止めることは難しいので、被害をできるだけ小さくするために自分ができることを事前に考えておきましょう。