保険を適用させるために

 保険を適用させるために

火災保険,屋根修理,大阪府

 保険は被災後一般的に3年までに行う必要があります。
 そのため、早期で保険申請しないと実費での修繕になってしまいます。



ここが重要!!

 被災を放置することで家の劣化がすすんだり、基礎を痛めることになり、放置された理由での傷んだ基礎は保険では保証されません。
 さらに、被災後3年以内でないと保証の対象になりません。



こんな症状を放置すると、保険が効かなくなってしまいます…

blue-bar5,火災保険,屋根修理,大阪府,雨漏り,点検,補修

瓦の破損や欠損

火災保険,屋根修理,大阪府,雨漏り,点検,補修

 瓦の一部が破損してしまったり、落ちてしまった場合は、簡単に浸水してしまいます。
 浸水した状態のまま放置すると、その下の基礎部分が傷んでしまい、火災保険対象外に…。
 実費での修繕を避けるためには、早めの対応が必要です。


ストレート瓦のズレや破損・欠損

火災保険,屋根修理,大阪府,雨漏り,点検,補修

  スレート瓦のヒビ割れから水が浸入してしまいます。
  ヒビ割れから建物内部に水が浸入すると、野地板が腐食してしまいます。
 日本瓦屋根と同様に、放置して基礎部分が腐食すると、火災保険の対象外になってしまいます。


瓦のズレやひび割れなどの破損・欠損

火災保険,屋根修理,大阪府,雨漏り,点検,補修

  瓦屋根の場合もこのヒビ割れから水が浸入してしまいます。 ヒビ割れから浸水して、木材が長時間水に浸ってしまい腐ってしまいます。
 こちらも、火災保険適用のために、基礎部分が傷む前に対策が必要です。

blue-bar5,火災保険,屋根修理,大阪府,雨漏り,点検,補修
火災保険,屋根修理,大阪府,雨漏り,点検,補修
火災保険,屋根修理,大阪府,雨漏り,点検,補修